<チケット払い戻しのお知らせ>

払い戻しの期限(9月30日)が近づいております。お早めにお手続きをお願いします。

4月27日(月)に開催の延期を発表いたしました「This is NIPPON プレミアムシアター ~結~ 初音ミク×鼓童 スペシャルライブ 2020」につきまして、関係各所と振替公演について調整を進めてまいりました。

振替公演は、ご来場の皆様に安心して公演をお楽しみいただけるよう、政府及び関係団体のガイドラインなどを参考に準備を進めておりましたが、会場内の人数を制限するなど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を講じた運営体制にて開催させていただくため、現状の座席数での開催は難しいとの判断をいたしました。

そのため、現在ご購入済みのチケットは一旦すべて払い戻しとさせていただき、チケットをご購入された方を対象に、再度チケット受付を実施する予定です。払い戻しのご連絡が遅くなりましたこと、またチケットをご購入くださいましたお客様にはご不便をおかけすることをお詫びいたします。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

振替公演の詳細やチケットの再受付の方法が決まりましたら、公式WEBサイト等でご案内いたします。

公式WEBサイト >> https://kodo-miku.com/

チケットの払い戻しのお手続き方法は以下「チケットぴあ」WEBページからご確認ください。

【払い戻し受付期間】2020年8月12日(水)午前10時~9月30日(水)午後11時59分

※店舗でチケットを発券された方は、各店舗の営業時間内に払い戻し手続きをお願いいたします。

※配送引き取りでチケットを受け取られた方は、払い戻し受付期間内必着でチケットをご返送ください。

詳細は、「チケットぴあ」払い戻し方法について >> https://t.pia.jp/guide/refund.jsp

公演を楽しみにお待ちいただいていたお客様にはこのようなご報告となり、誠に申し訳ございません。

今後も新型コロナウイルス感染症の状況により対応を変更させていただく場合や、公演の開催を見合わせる場合がございます。引き続きお客様が安全・安心に公演をお楽しみいただけますよう準備を進めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

問い合わせ先:ハローダイヤル  03-5777-8600

2020年8月11日(火)

NHK

NHKプロモーション

NHKホールに再集結!
This is NIPPON プレミアムシアター
感動の最終章へ

2017年、2018年に開催した「初音ミク×鼓童スペシャルライブ」では、日本文化を代表する2つのサウンドが新たな世界を作り出し、衝撃のコラボレーションには再演を望む声が多く寄せられました。

歌声合成ソフトの枠組みを超えて世界を魅了し続けるバーチャル・シンガーの「初音ミク」、
日本の芸能文化の先駆けとして世界を駆け巡る太鼓芸能集団「鼓童」。

無限の可能性を持つ「初音ミク×鼓童」が、満を持して2年ぶりにNHKホールのステージに再集結。

2020年、This is NIPPON プレミアムシアターの締めくくりとなる、新たな伝説にご期待ください。

前回の様子はこちら

「This is NIPPON プレミアムシアター」とは
東京2020に向けて、スポーツのみならず文化面においても機運醸成を図るために、日本を代表するコンテンツに様々な演出を加え、その魅力を国内外に発信するイベント。
公演情報
名称

This is NIPPON  プレミアムシアター ~結~
初音ミク×鼓童  スペシャルライブ 2020

開催日時

振替公演の日程は決まり次第お知らせします

2020年6月20日(土)

開場 正午 / 開演 午後1時

開場 午後6時 / 開演 午後7時

2020年6月21日(日)

開場 正午 / 開演 午後1時

会場
NHKホール (東京・渋谷)
アクセス
出演者

バーチャル・シンガー

初音ミク
鏡音リン
鏡音レン
巡音ルカ
MEIKO
KAITO

鼓童

齊藤栄一
阿部好江
小松崎正吾
地代純
三浦康暉
池永レオ遼太郎
木村佑太
三枝晴太
平田裕貴
山脇千栄
新山萌

バンドメンバー

三沢崇篤(ギター)
KAYO-CHAAAN(キーボード)
小林修己(ベース)
菊嶋"KIKU"亮一(ドラム)
テーマソング

NEPPUU〜熱風〜

みきとP feat. 初音ミク

作詞/作曲/編曲:みきとP

プロフィール

2010年3月よりネットミュージックシーンにて活動を始める。

VOCALOIDを使用しジャンルの垣根を越えた多様な楽曲を「みきとP」名義で発表する。

「いーあるふぁんくらぶ」「サリシノハラ」「バレリーコ」等のヒットを契機に海外でのイベント興行、本人歌唱でのライブやアルバム製作、クリエイターとしてマルチに活動の幅を広げてゆく。

スマッシュヒット曲「ロキ」や「少女レイ」等のボカロ曲の発表だけにとどまらず、音楽作家としてもアニメの主題歌やミュージカルや様々なアーティストへの楽曲提供を数多く手掛けるなど音楽のジャンルも幅広く活躍中。

http://mikitop.com/

https://twitter.com/mikito_p_

https://www.youtube.com/user/TeiTeiMikito

コメント

過去2017年、初音ミク×鼓童スペシャルライブを初めて観覧した時、そのものすごい熱量に、自分もいつか和太鼓をフィーチャーした曲を作ろうと思っていました。

数年経たこの度、その初音ミク×鼓童本体から楽曲の依頼が来たのは、まさに寝耳に水でした。

17年18年、鼓童の熱を感じてきた自分としてはこんなに腕が鳴る依頼もないなと思い、勢いよく楽曲制作に取り組むことが出来ました。

このライブがもつ、特有の一体感や肉体感、そして熱い風を意識して制作しましたので、是非是非楽しみにしていて下さい!

初音ミク

歌詞とメロディーを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなった。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に広がっている。2020年は、ヨーロッパとアメリカ&カナダでの海外コンサートツアーの実施、東京と大阪でライブ・企画展を併催した大型イベントの開催が決定しているなど、国内外問わず活躍の幅を広げている。

https://piapro.net/

Art by KEI

太鼓芸能集団 鼓童

佐渡島を拠点に、太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる集団。1981年ベルリン芸術祭でデビュー。以来50以上の国と地域で6,500回を越える公演を行う。劇場公演のほか、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」や、多様なジャンルのアーティストとの共演、国際芸術祭、映画音楽などへ多数参加している。2012年から2016年まで坂東玉三郎氏を芸術監督に招へい。2017年「幽玄」で坂東玉三郎氏と再共演を果たし、翌18年には歌舞伎座において新作歌舞伎「幽玄」として演奏で参加した。近年は石川さゆり、AI、元ちとせ、ブラフマンなど、さまざまなジャンルのアーティストと共演。2019年には19年ぶりの中国ツアーを成功させたほか、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開会式、「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」に出演した。

https://www.kodo.or.jp/

©岡本隆史